DNS books trap

tech-book Learning english

I am not understand about DNS, so I bought this book.

It’s good book.
I understand DNS completely thanks to this book.(Sorry. It was an excessive expression.)

However, there was one trap in this book.
This book follwing used domain example, "aaa.com", "test.com", "xxx.com".
I was intrested in these domains, so I browsing these site.

But, "xxx. com" is a hardcore adult site.
When I saw the site, I was in a public space, so I close this page quickly.

But this book is good.
So I tweeted.
…Then, The author of the book replied.

<blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ja" dir="ltr">xxx/.com の件はなんというかスマン。。</p>— mochiko@DNS好きな:astech:のもちこ (@mochikoAsTech) <a href="https://twitter.com/mochikoAsTech/status/1157980495721848838?ref_src=twsrc%5Etfw">August 4, 2019</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script>

COOOOOOL!
She is a great engineer!


DNSについて、中途半端にしか分かってなかったんで、巷で評判のよかった本を買ってみた。

「DNSわからーん!」と大混乱していた自分も、この本のおかげで少しは分かるようになりました。

が、この本には1つ、面白トラップが仕掛けられていた。

取得済みドメインの例で、『aaa.com』『test.com』『xxx.com』といったドメイン名が登場し、
「一見、適当に見えるドメインでも、これらは、ちゃんと所有権を持った人が居ます。適当なドメイン名の例として、マニュアルやドキュメントに出さないように注意してくださいね。」
といった事が書かれていたので、「へー、どんなサイトだろ。」と思ってサイトを見て回っていた。

その中の、「xxx.com」は、結構キツめのアダルトサイトで、しかもそのページを見たのが公共の場だったので、めっさびっくりして速攻ページを閉じた。

が、本はよかったんで、せっかくだからネタにてTwitterに書いといた。

・・・すると、作者からわざわざリプライが来てた。

<blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ja" dir="ltr">xxx/.com の件はなんというかスマン。。</p>— mochiko@DNS好きな:astech:のもちこ (@mochikoAsTech) <a href="https://twitter.com/mochikoAsTech/status/1157980495721848838?ref_src=twsrc%5Etfw">August 4, 2019</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script>

わー!感激だー!
作者から直々にコメントもらえたよ!

校閲の内容

まだ

コメント

タイトルとURLをコピーしました