The topic on Japanese typhoon

cyclone2 Chat Style

In the Phillipin’s typhoon warning level is devided into 5 levels, but in Japan it is only 3 levels.
Japanese typhoon warning levels are “violent”, “very strong” and “strong”.

But there are not only strength levels but also size levels.
There are only 2 levels, “large” and “super large”

So, when weather forecasts explain typhoon status, they use 2 classifications.

For example, they combine strength and size.
They say “super large and strong typhoon”

It is harder to understand than the Phillipine where only 1 classification is used.


フィリピンの台風は、5段階に別れますが、日本では3段階です。

日本では
「獰猛な」「非常に強い」「強い」の3種類です。

ただし、「強さ」だけではなく、「大きさ」の階級分けがあります。

大きさの階級は、「大型」「超大型」の2種類だけです。
なので、台風の強さを表現する時は、これら2つの基準を使います。

例えば、大きさと強さを組み合わせて、「大型で強い台風」のように呼びます。
単純に、一つの基準だけで説明しているフィリピンと比べると、少し分かりづらいですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました