Using parenting psychology

paint Family

Sometimes, my son says “No! I don’t want to go to kindergarten.”
So, I ask him “Which do you prefer going to kindergarten with dad ? Or mom?”

Then I can get the word “I want to go with mon!” from him.
Maybe, this is a technique called “double bind” in psychology.


息子くんが時々、「幼稚園、行きたくないー!」と言うので、
「お父さんと一緒に行く? それとも、お母さんと一緒に行く?」と聞くようにしました。

すると、
「お母さんと行く!」
と、言質を取る事ができます。

心理学で言うと、ダブルバインド。(多分)

修正前

Sometimes, my son say “No! I don’t want to go to kindergarten.”
So, I ask him “Which do you want to go with me? or mon?”

Then I can get the word “I want to go with mon!” from him.
I guess, this is a technique called “double bind” in psychology.

修正内容

Sometimes, my son say
→says

So, I ask him “Which do you want to go with me? or mon?”
→Which do you prefer going to kindergarten with dad ? Or mom?
もしくは、Which are you going to choose going to 〜
これとこれどっちがいい?と聞くときはwhich do you prefer を使いますよ。

あえて、choose を入れた文も紹介してみました。
どっちを選ぶの?(ちょっと意地悪な感じ)というイメージで書いてみました。
また、お父さんとお母さんどっちを選ぶかというところが話のポイントのような気がするので、あえてmeではなくdad に変えました。

Maybe, this is a technique called “double bind” in psychology.
Maybe→I guess
にすると、英語こなれてる感じがしますよ。

ダブルバインド自体が心理学の中の言葉なので、なくてもいい気がします。あっても問題はないけど。

タイトルについて

<修正前>
Psychology for use in parenting?

<修正内容>
Psychology for parenting.
だけでも十分伝わりますよ。

useを使いたかったらば、Useful psychological technique for parenting
長いですか?

もしくはUsing parenting psychology とか?

For の後ろは名詞が来ます。
use in という(〜に役立つ)をいかすのであれば、using psychology in parenting ですね!

Family
kaki en talk ~英語が苦手な日本人エンジニアが書く 英語の日記~ (解説付き)

コメント

タイトルとURLをコピーしました